本文へ移動

エコカー減税

アクアの場合

エコカー減税
約22,500円減税

アルファードの場合

環境性能割
約38,000円軽減*
※車種毎に減税額は異なります

エコカー減税・環境性能割・グリーン化特例とは

エコカー減税

排出ガス性能及び燃費性能に優れた自動車に対して、それらの性能に応じて、自動車重量税を軽減するものです。減税対象車について、下記適用期間中に対象車両の新車新規登録等を行った場合に限り、特例措置が適用(1回限り)されます。

環境性能割

2019年10月1日から、自動車取得税が廃止され、環境性能割が導入されました。
環境性能割の税率は、自動車の燃費性能等に応じて、自家用の登録車は0~3%、営業用の登録車と軽自動車は0~2%になります。
環境性能割については、新車・中古車を問わず対象です。
2021年12月31日までに自家用の乗用車(登録車・軽自動車)を購入する場合、環境性能割の税率1%分が軽減されます。

グリーン化特例

下記適用期間中に対象車両の新車新規登録等を行った場合に限り、当該年度の翌年度分について特例措置が適用されます。

エコカー減税

※1.電気自動車、燃料電池車、プラグインハイブリッド車、天然ガス自動車
※2.2020年度燃費基準達成以上 および 下記排出ガス基準達成が要件
★★★★:低排出ガス車 平成30年排出ガス基準50%低減レベル
★★★★★:低排出ガス車 平成30年排出ガス基準75%低減レベル

グリーン化特例(登録車)

グリーン化特例(軽自動車)

※1.電気自動車、燃料電池車、プラグインハイブリッド車、天然ガス自動車
※2.2020年度燃費基準達成以上 および 下記排出ガス基準達成が要件
★★★★:低排出ガス車 平成30年排出ガス基準50%低減レベル
★★★★★:低排出ガス車 平成30年排出ガス基準75%低減レベル

…エコカー減税(環境対応車 普及促進税制) …グリーン化特例 …環境性能割


「エコカー減税」の対象車は、自動車重量税の軽減措置が2021年5月1日から2023年12月31日までの新規ご登録車となります。
新車取得時に自動車重量税100%減税の車(電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド車、2030年度燃費基準120%以上達成車)については、初回継続車検時にも100%減税が適用されます。
減税額はオプションを含まない車両重量、メーカー希望小売価格(東京地区)をベースに試算しています。
ご購入時期によっては軽減税率や減税率が異なる、もしくは減税対象外となる場合がございます。
自動車税は都道府県により運用が異なります。軽自動車税は市町村によって運用が異なります。地域によっては減税額が異なる場合がございます。
グリーン化特例に伴うご購入翌年度の自動車税の軽減措置は2026年3月31日までの新規ご登録車が対象となります。
グリーン化特例に伴う自動車税減税額については、翌年度の支払い分が減税となります。ご購入時には減税前の税額を月割りでお支払いいただきます。
グレード、オプション選択等の諸条件によっては、軽減措置の適用内容が変わる場合がございます。
「環境性能割」は、燃費性能に応じて登録車は0~最大3%、軽自動車は0~最大2%課税されます。燃費のいい車ほど税の負担が減る仕組みです。

 

■掲載内容は2023年3月現在の情報です。

 

2024年
02月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
2024年
03月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
営業時間9:30~19:00
  • 休業日
  • イベント日
TOPへ戻る